BITE-SIZE EINSTEIN JERRY MAYER & JOHN P. HOLMS アインシュタイン150の言葉 感想

BITE-SIZE EINSTEIN
JERRY MAYER & JOHN P. HOLMS
アインシュタイン150の言葉

新装版だそうです!
シンプルなデザインでいいですね!
ただ表紙の文字は達筆すぎて読めない・・・

全体的には不思議な言葉が多かったように感じます!
天才的頭脳の持ち主は他の人とちょっと考え方が違うのかな?
でも、いいこともたくさん書いてありました!
アインシュタインは平和主義者だったようで、道徳に関する優しい言葉がぼちぼちありました!
色々と考えさせられる本でした!

常識って確かに人によって違いますもんね?
十八歳までに身に付けた偏見のコレクションって言葉はわかる気がします!
同じ国の人だったとしても常識が違う人って割といますよね!
そうなると常識しらずっていうのは存在してなくて、違う常識の人が存在しているだけになるのかな?

動物と仲良くすると元気になれるそうです!
元気の出ないときは動物園や牧場に行くといいのかも!
水族館でもいいのかな?
水族館にあまり触れあえるコーナーはありませんが、クラゲとかは見ているだけで癒されますし、効果ありそう!

「偉大な人々は、常に、凡庸な人々からの激しい抵抗にあってきました。」
アンドリュー・カーネギーもそんな感じだったような?
あとガンジーは特にそんな感じでしたね!
現実に存在する人ではありませんが、ヒーローアカデミアのオールマイトはどうだったのでしょう・・・?
ヴィランからの激しい抵抗にはあっておりますが、それ以外ってオールマイトを崇拝している人も少なくなかったような・・・?

んー、神聖な好奇心とそうでない好奇心の差は何ですかね・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です