風の谷のナウシカ2 宮崎駿 感想

風の谷のナウシカ2
宮崎駿

映画版の内容は二巻までなのかな?
途中から全然知らない内容になってきました!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ナウシカは蟲たちのことを好きみたいですね!
だから蟲たちと心を通わせられるのかな?

王蟲が培養されていた・・・
一体何がどうなっているのか・・・
蟲を作り出そうとしている・・・?
でも、何のために・・・?

王蟲の触手は癒す効果があるのかな?
あ、もしかして王蟲を培養していたのはこのため・・・?
王蟲を飼いならして触手に触れれば医者いらずですもんね!
でも、あの培養していた方たちの雰囲気を見るにもっと自己的な理由で使いそうな気も・・・

ナウシカの続きは映画化されないのかな・・?
動きが欲しいシーンとか、映像で見たらかっこよさげなシーンが結構あったのですが・・・
ちょっと調べてみたら1984年公開!
かなり前ですね・・・?
まだ続きが作られていないようですから、もうこれは期待しない方がいいレベルかも・・・

やっぱりユパ様がかっこいい!
複数人を同時に相手にして返り討ちにしてしまうとは!
さすが腐海一の剣士!
強い老剣士の設定はかなり好きです!

最終的にどんな結末を迎えるのかな?
気になる!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です