薬屋のひとりごと3 日向夏 illustration しのとうこ 感想

薬屋のひとりごと3
日向夏
illustration しのとうこ

続きが気になってどんどん読み進めたくなる作品です!
キャラクターも魅力的ですし、日向さんはすごい!

以下、ネタバレを含みます!

表紙の壬氏が確かに女性にも男性にも見える!
男性と言われればイケメンに、女性と言われれば美人さんに見える・・・
これが麗しき宦官ですか!
この美しさなら周囲の方々が魅了されるのも納得ですね!
というか壬氏はやっぱり宦官じゃなかったのですね・・・?
現帝の弟になるのかな?
ん、高順は?
高順はさすがに宦官なのかな・・・?

そして同じく表紙の猫猫も美人さんですね!
そばかすがあっても無くても結構美人さんだと思うのは私だけでしょうか・・・
薄紫の瞳がとってもきれいですね!
それに壬氏につんつんしている猫猫が好きです!
壬氏には申し訳ないのですが、このやり取りには笑ってしまいます・・・

そういえば、冬虫夏草は結局何に使うのでしょうか・・・
それと牛黄も何に使うのかな?
かなり貴重な素材のようですから、重要な場面で使ったり・・・?

ホラー回はすごい怖かったです・・・
あれは本当に幽霊・・・?
それと怪談も怖かった・・・
母子のお話は真相を聞いてゾッとしました・・・

猫が好きな高順は可愛かったです・・・
高順は結構いかつめの男性ですが、可愛い猫が好きとは・・・
このギャップがいいですね!
高順はいいキャラをしております!

猫猫が見つけたきのこはは結局なんだったのかな・・・
気になって調べてみたらカエンタケって言うきのこが一番それに近そう?

割とエグい見た目をしていますね・・・
目立つ色をしているので何も知らなかったら触っちゃいそう・・・

やり手婆はすごい妓女だったのですね!
条件が整っていたとは言え、月の精と言われるほどでしたから相当美人さんだったのでしょうね!
ちょっと見てみたかったな・・・
挿絵もカラーでちょっと見てみたかったり・・・
ファンブック的なものが発売されることがあれば、カラーでイラストを載せたりしてくれないかな?

あの老宦官は何者・・・?
選択の廟に関してもすごい詳しかったですし、他にも何か知ってそう・・・
羅門のことも知っているみたいで実は結構重要人物なのかも?

小蘭はすごい頑張ってますね!
自分の将来をちゃんと考えていてえらいです!
結局どこに就職することになるかな?
愛嬌のある小蘭なら妃の侍女になれそうな気も・・・
小蘭が誰かの侍女になれば後宮に残って猫猫とも交流を続けられますね!

羅門が探偵役になったらすぐ事件を解決しそう!
実際猫猫が花街に戻った時も状況を見てすぐ謎を解いたようですし、さすがは猫猫の師匠って感じです!
ただあんまり謎を解くことに熱心じゃないので、名探偵の素質はあれどもって感じなのかな?
この謎に積極的じゃないけど、主人公より推理ができるって言うのはなんだかマイクロフト=ホームズを思い出しますね!
ん、猫猫と羅門の関係ってシャーロック=ホームズとマイクロフト=ホームズの関係に似ているかも・・・

4巻も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です