薬屋のひとりごと 12 日向夏 illustration しのとうこ 感想

薬屋のひとりごと 12
日向夏
illustration しのとうこ

んー、面白い!

以下、ネタバレも含んでおります!

どんどん出てくる秘密!
こういうのわくわくしますよね!
雀さんの秘密はびっくりでした!
ただ者ではない雰囲気でしたが、諜報員だったのですね!
さらに鴟梟たちとは父親違いの兄妹だったとは・・・
陸孫や子翠の例もありますから、みんな何かしら秘密を持っているのかも・・・

小紅の冷たい対応には笑いましたw
猫猫に似てきちゃったのですねw
猫猫も雀さんも目をつけていますし、小紅は将来有望ですね!
本当に将来どっちかに弟子入りするかな?
そうなったらちょっと楽しそう!

羅漢はやっぱり嘘発見器的な役割を持っていますね!
すさまじい采配を振るえるうえに嘘まで見抜ける。
羅漢強すぎでは・・・?
こんなにすごいキャラクターだとどんどん出番が減っていきそう・・・
実際、今回は虎狼の嘘を見抜くくらいしか出番がありませんでしたし、もっと登場シーンが増えたら嬉しいな・・・

虎狼は闇深でしたね・・・?
雀さんの方が一枚上手だったようですが、今回はかなり危なかった・・・
最終的に雀さんに弟子入りしたのはふふってなりましたw
なかなかいい感じに狂気を感じるので、場を面白くしてくれそうです!
楽しみ!

表紙の御仁はどなたでしょう?
鏢兵っぽい格好をしているから鴟梟?
挿絵と比べて似ているような似ていないような・・・
でも、今回のお話で表紙に載りそうなキャラクターって他に壬氏、雀さん、虎狼くらいしかいないような・・・
あ、まさか、変装した雀さんの可能性ってあります・・・?

羅半兄の本名は「漢俊杰」?
だから、子どもの方の俊杰が帰りの船に乗っていて、羅半兄が船に乗っていないのかも・・・
羅半兄はかなり頑張っていますけど、いつも貧乏くじを引かされている気がしますw

鴟梟を助けてからの展開はずっとハラハラしっぱなしでした!
誘拐され、追手から逃亡し、山賊につかまって下働き・・・
独眼竜には危うく殺されかけましたし、すごい危なかった・・・
でも、ずっと雀さんが見守ってくれていたみたいですね!
ただ、最終的に雀さんの片腕が使えなくなったのは残念です・・・
いや、命あればこそですね?
雀さんが生きていてくれてよかったです!

また猫猫と壬氏の仲が深まったようです!
ちゅーまでこぎつけて、照れる壬氏にはにやにやしてしまいましたw
お互いに惹かれ合っているのですから、あとは時間が解決してくれる?
楽しみですね!

これでようやく中央に帰れるみたいですね!
次こそ本当に新章かな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。