綿引弘【責任監修】小杉あきら/ほしのちあき【画】 感想

マンガ世界の歴史がわかる本
<古代四文明~中世ヨーロッパ>篇
綿引弘【責任監修
小杉あきら/ほしのちあき【画】

世界の歴史を漫画でざっくり読めます!
世界史の授業はなかなか難しかったような気もしますが、これなら楽しんで読める!

なんなだか昔の人は結構残虐・・・?
それとも今の人がだいぶ穏やかなのでしょうか・・・?
このマンガに出てくるほとんどの王が虐殺、強奪などをしているみたいですね・・・
人の欲は尽きない・・・

それとジャンヌ・ダルクははめられて火あぶりの刑にされちゃいました!
なんて酷い・・・
でも、結局ジャンヌも自国を救うために人を殺したりしてたのかな・・・?
うーむ、人の歴史は争いの歴史とはまさにこの事・・・

穏やかだったのって仏教の話くらい・・・?
仏教ってすごいのかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です