空の境界 上 奈須きのこ 感想

空の境界 上
奈須きのこ

着物に革ジャン。
なかなかに斬新なスタイルですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

面白いです!
直死の魔眼っていう設定は面白いですよね!
式はこの魔眼を使って異能者たちと戦っていくのかな?

■俯瞰風景
ああ、結局巫条は自殺してしまったみたいですね・・・
飛べると思ったということでしょうか・・・
式は自分の以前の記憶を自分の物だと思えないみたいですね?
これってまるで「魔法科高校の劣等生」の真夜さんみたい?


■殺人考察(前)
前とのことですが、後もあるのです?
前編、後編かと思ったらすぐには続かない・・・
結局殺人を犯していたのは式だったのでしょうか?
うーん、黒桐がずっと見張っている間は殺人が起きていなかったこと、式が殺人現場にいたこと、識に殺人衝動があったことから推測するに、やっぱり犯人は式になってしまいますよね・・・?
実は何かの間違いで式は殺人を犯していないとかあり得ます?

■痛覚残留
なかなかにえぐいお話です・・・
でも、最終的に浅上さんは生き残れましたし、よかったです!
というか、式は病気だけを殺すこともできるのですね?
すごすぎる・・・
これなら本当に何でも殺せそうですね?

映画もあるようですし、そっちも見てみようかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です