秋季限定栗きんとん事件㊦ 米澤穂信 感想

秋季限定栗きんとん事件㊦
米澤穂信

あああ、いいです!
いい終わり方です!

ネタバレを含んでます!

小鳩くんと小山内さんが元のさやに納まってよかったです!
本当はふたりともお互いに好きあっていたのかな?
最後までどうなるかはらはらしておりましたが、いい終わり方でした!
といっても仲丸さんと瓜野くんにとってはよくないか・・・

まさか氷谷くんが放火魔だったなんて・・・!
全然気づきませんでした・・・
しかも瓜野くんの反応を面白がっていたとは・・・
かなりの好青年だと思っていたのですが、鬱憤がたまっていたのですね・・・?
氷谷くんには悪いのですが、小山内さんが放火魔じゃなくてよかったです!

小山内さんの今回の復讐相手は瓜野くんだったみたいです!
あのキスしようとしたのがいけませんでしたか・・・
まぁ、確かにちょっと無理やり乙女の唇を奪おうとしたわけですもんね・・・
そりゃ小山内さんの怒りを買いますよね・・
小山内さんがいつか小鳩くんに唇を許す日は来るのかな?

小山内さんと瓜野くんの別れは色々ありましたが、小鳩くんの方はすごいあっさりしてましたね・・・
三股もしておりましたから、小鳩くんにあんまり未練はなかったのかも?
むしろ仲丸さん的には自分に全く熱が上がらない小鳩くんに憤りを感じているようでした・・・
小鳩くんは糠に釘って言ってましたし、仲丸さんといても心躍ることがなかったとか?
だから気持ちが全然動かなかったのかも・・・
そう考えると小鳩くんと小山内さんの相性はかなりよさげですね!

春のいちごタルト、夏のトロピカルパフェ、秋の栗きんとんと来たのですから冬もありますよね・・・?
冬はどんな食べ物になるのかな?
冬といったらクリスマス?
クリスマスといったらブッシュドノエル?
冬季限定ブッシュドノエル事件。
無くはなさそうかな・・・?

そういえば、上下巻で表紙がつながってましたね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です