木曜日のフルット1 石黒正数 感想

木曜日のフルット1
石黒正数

面白い!
「それでも町は廻っている」もよかったですが、フルットも面白いです!

以下、ネタバレを含みます!

ダメダメな大人の鯨井先輩と半野良猫のフルットが主人公のようです!
鯨井先輩はダメな女と紹介されておりますが、結構うまく生き抜いていると思います!
ただ人間の欲には忠実かも・・・
でも、頼子には慕われているようですし、いい人なのかな?
私個人としてはかなり好きです!
あと鯨井先輩の部屋には本がたくさん置いてありましたが、鯨井先輩も読書家なのかな?
ちょっと仲間意識!

キャラクターを少し(?)流用している様子?
「それでも町は廻っている」と同じ容姿をした人物がちらほらみられますね!
それ町を読んでいたものとしては嬉しい限りです!

頼子はちょっとちょろいかも?
鯨井先輩とはどこで知り合ったのかな?
大学は行ってなさそうですし、中学か高校かな?
二人の学力が同じには見えませんし中学かも?
あ、でも、鯨井先輩は結構知恵が回りそうですもんね・・・
実は大学まで行っていて、そこで知り合った可能性もワンチャンある?

フルットは可愛いですね!
あと闇の商人も可愛いです!
この作品に出てくる猫は基本的に可愛い!
あと普通に二足歩行しているのがなんだかシュールなような気もしますが、手を使えるおかげで人間みたいな動きができるようになり、動きがわかりやすくなっているのかも?
ん、これも擬人化に入るのかな・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です