放課後カルテ 2 日生マユ 感想

放課後カルテ 2
日生マユ

ちょっとグッとくる場面もあったり・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!


牧野先生はすごい先生?
病院でも珍しい病気をたくさん発見していたのかも!
学校医になったのも何か理由が・・・?

珍しい病気を発見しすぎて牧野先生が疑われることになるとは・・・
牧野先生が来てから次々と発見されていますから、説得力はあるかも・・・
んー、実際何かが苦手っていうのは病気の可能性もあるのかな?
私たちが気付いていないだけで、周囲の人々が何かしらの病気になっている可能性もありますよね・・・
なんだか恐ろしい・・・

表紙の雰囲気が好きです!
ぶっきらぼうな牧野先生ですが、子供には結構好かれそうですね!
あと色遣いも好きです!
優しい表紙!

飛び降りる遊びですか・・・
なかなかに危険な遊びですね・・・
あ、この作品を読んだら子供のやりそうな危険な遊びについて学べるかも!
話も面白くて、学べる!
「放課後カルテ」はやっぱり一石二鳥!

猫や犬からの病気だけじゃなくて、オウムもですか・・・
ふーむ、動物からもらう病気って結構多いのかな?
ペットを飼うときにはこのあたりの知識も必要になりそうですね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です