スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼 志駕晃 感想

スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼
志駕晃

THE END・・・?

これで終わり・・?
浦井はまんまと逃げおおせたのですね・・・
最終的に桐野さんと美乃里さんは無事でしたが、これはハッピーエンドと呼んでいいのかな・・・?
かと言ってバッドエンドとも言えないような・・・
あ、これって続編が出るってことかな?

主人公は桐野さんなのでしょうが、なんだか浦井の後日談って感じでした!
警察に登録されている自分の顔写真や指紋などのデータを改ざんして逃亡を図るのはすごいです!
さすが天才クラッカー・・・
一筋縄じゃいかなそうです!
しかも、その浦井っていう名前も偽名みたいです!
一体本当の名前とは・・・

このシリーズを読むとちょっとインターネット関連に興味が湧いてきますね!
ダークウェブとかマルウェアとか、ちょっと調べてみたくなったり・・・
でも、調べたらウィルスとかに感染しそうで怖い・・・
それとセキュリティを強化しようって気にもなりますね!
ただサイバー関連にすごい強い人が本気を出したらアンチウィルスソフトとかひとたまりもないのかな・・・

森岡さんが犯人だったとは!
かなり意外でした!
私はてっきり宮園さんが犯人かと・・・
すっかり騙されました!

インターネット犯罪のお話って結構面白いかも!
他のも探してみようかな?
漫画とかでもネットに強い人物って割といますが、いつもよくわからない技術で敵のセキュリティを突破しているイメージ・・・
ふむ、志駕さんのお話が上手いのと、解説が色々ついているからかなり楽しめているのかも?

一冊読み終わったらじゃなくて途中経過でも感想をブログにあげるって言うのはちょっと面白そうかも・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です