クマとカラス 帆 感想

クマとカラス

これはいいお話!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ほっこりするお話ですね!
二人(?)の冒険をもっと見てみたかったのですが、いい終わり方なのでこれはこれでいいのかも!

まさか、カラスさんが既に一回死んでいたとは・・・
ヤタガラス様の力でもう一度チャンスを与えられたのですね!
そのおかげで、クマさんは他のクマたちと合流できましたし、まさかヤタガラス様はそこまで見越して・・・?

カラスさんはすごい物知りでしたね!
何歳くらいだったのかな?
そもそもカラスの寿命って?
ちょっと調べてみたら、野生環境下で15年くらい!
結構長い!
さらに飼育環境下だと30年も生きるんだとか!
これはすごい・・・
クマについても調べてみたら25~30年くらい生きるみたいですね!
うーん、これってクマが短いのです?
それともカラスが長いのです?

クマさんが他の群れと合流できてよかったです!
それにしても海の向こうにしかもうクマがいないとは・・・
クマさんが元居た場所は結構広かったみたいですし、よーく探したら実は一匹位いたのでは・・・?
でも、クマさんは嗅覚に自信があるみたいですし、そのクマさんで見つけられないということはやっぱりいない・・・?

クマって雑食なのです?
なんだか鮭や蜂蜜のイメージが結構あったのですが、そればっかりってわけでもないのかな?
この作品では主に木の実なんかを食べていたように思います!
猪や鹿はクマに会っても特におびえた様子はなかったですよね?
でも、牛はおびえていた・・・
ということは、牛は割とクマに食べられていたってことかな?

なんだか動物について考えさせられる作品でした!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です