うどんの国の金色毛鞠 12 篠丸のどか 感想

うどんの国の金色毛鞠 12
篠丸のどか

優しい雰囲気の作品でした!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ああ、ポコとはお別れに・・・
我が子の様に育てていたポコとお別れとは宗太にはつらい選択だったと思います・・・
人間の姿にはそうそう戻れないかもしれませんが、タヌキの状態で会いに来ることは可能ですよね?
たまに顔を見せてくれたりしないかな?

というか、ポコは神様だったのですか!
ただの狸じゃなかったのですね・・・?
何百年もの時を生きるなら何十年後かに多少の力が戻って宗太の前にまた人間の状態で現れることもできたり?

ん、宗太とさえちゃんの恋って・・・
ちょっといい雰囲気でしたが、ポコがいなくなったことによってうやむやになってしまったような・・・
後日談が読みたいです!

仕事はどうするのかな?
うどん屋は本当に始める?
ウェブデザイナーの仕事はどうするのでしょうか?
ふーむ、二足わらじという手もありますかね?

最終的には結構いろんな人にばれちゃいましたね?
でも、このおかげで宗太一人で抱え込まなくて済んだのかも?
ポコとのお別れは悲しかったけど、いい作品だったと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です