V.T.R. 辻村深月 感想

V.T.R.
辻村深月

スロウハイツの神様に出てくるチヨダ・コーキのデビュー作!
という設定の本です!
ちゃんとチヨダ・コーキ用の表紙があったり、解説が環だったり、本の発行者が黒木さんになっていたり、スロウハイツの神様を読んでいたらにやりとしてしまう工夫がされておりました!

以下、ネタバレを含んでます!

騙されました!
また騙されました!
ああ、これは素晴らしい作品です・・・
まさかTがTrance Highだったとは!
TやR、Jなどはみんなそういう名前なのかと思っておりましたが、ちゃんと意味があったのですね!
これはTがTrance Highだと隠すために他のキャラクターの名前もアルファベット一文字にしたのかな?
それともコードネームか何か・・・?
コードネームなら本当の名前をみんな持っていることになりますよね・・・
何て名前なのでしょうか・・・? 気になる!

Rが死んじゃって悲しいです!
Rが死体で見つかったって知った時どうか嘘であってほしいと思いましたが、そうも行きませんでしたね・・・
またTと一緒に暮らしてほしかった・・・
そもそもなんで二人は別れちゃったのでしょうか?
Tは忘れちゃったって言ってましたけど、些細なことだったのかな?
ふむむ、気になる・・・

表紙に写っているのはTとRなのかな?
確かにTはかっこいい!
多数の女性から言い寄られるのも納得のイケメン・・・
Rも美人さんですし、美男美女カップルだったみたいですね!

ずっとT視点で語られてきて割と心が穏やかな気もしますが、TがTrance Highだったとするとナチュラルボーンキラーってことになりますね・・・
殺しを楽しむようには見えませんでしたが、もしかして二重人格者だったりしないかな?
それか本人も言っていたように、実は小心者で殺しを楽しんでいる自分に腰を抜かしてしまい、自分の所業におののいたって感じ・・・?
ふむ、それなら納得!

帯に辻村ワールドすごろくが付いておりました!
スロウハイツの神様→(スピンオフ)V.T.R

島はぼくらと

家族シアター

氷のくじら

子どもたちは夜と遊ぶ

ぼくのメジャースプーン

名前探しの放課後

冷たい校舎の時は止まる

ロードムービー

光待つ場所へ

ゼロ、ハチ、ゼロ、ナナ。
の順番で読むのがお勧めみたいですね!
ふむ、次に読む辻村さんの作品は「島はぼくらと」にしようかな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です