TRICK トリック 1 第六話 感想

TRICK トリック 1
第六話

呪いですか・・・

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ふむ、霊能力は実在していたとしても万人にある能力ではありませんから、科学的に認めるのが相当難しそうです・・・
さらには偽物も存在していますから、偽られたりしたら実験の結果もどこまで信じていいのか・・・ってなりますよね。
んー、霊能力の存在を科学的に認めるのは相当難しいのかも。

実際どうやって?
山田の推理だと偶然が色々重ならないと厳しいですから、確かにちょっと無理があるかも・・・
指紋も髪の毛も確かにあらかじめ用意しておけますが、みゆきさんのアリバイは山田と上田が証明していますから、みゆきさんの犯行ではないですよね・・・?
あ、共犯がいれば行けるのでは?
そもそも殺人をするのにわざわざ予告する必要があるのでしょうか・・・
ん、アリバイを証明するため?

なんかまたホラー調・・・?
みゆきさんがなんだか怖かった・・・
最初は発言に英語が混じっていたりして、不思議な方かと思ったら、かなり好戦的な方でしたね?
猫をかぶっていたのかな・・・

山田なかなかがめついw
上田に5か月分の家賃を払わせるとは・・・
しかも現金で・・・
というか、山田いつもお金がありませんね・・。
何に使っているのでしょうか?
手品道具?

そういえば、みんな何かと牛乳を飲んでいたのはなぜ・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です