Tales of Vesperia テイルズオブヴェスペリア 4 岩佐まもる 原作/バンダイナムコゲームス イラスト 藤島康介 上田夢人 感想

Tales of Vesperia テイルズオブヴェスペリア 4
岩佐まもる
原作/バンダイナムコゲームス
イラスト 藤島康介 上田夢人

完結!
かなり楽しめました!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ジュディは美人さんですし、レイヴンは渋くてかっこいい!
藤島さんのデザインしたキャラクターはなんとも魅力的・・・
ちょっと調べてみたら、「逮捕しちゃうぞ」や「ああっ女神さまっ」を描いている方だったのですね!
これを機に読んでみようかな・・・

アレクセイ、なかなかひどいことをしますね・・・
ただやり方はどうあれ、世界をより良くしようとしたんですよね?
アレクセイにもユーリやフレンのような間柄の友人がいたら違ったかも・・・
最後に涙を流していたのはちょっと可哀そうでした・・・

デュークも結局戦うことになりましたが、最終的には和解できましたね!
星喰みを倒すときも手伝ってくれましたし、いい人ですよね!
昔手ひどい裏切りにあっていなかったら、今頃はユーリたちの仲間になっていたかも・・・
なんてIFをついつい想像してしまいますが、デュークが人間の味方だったらアレクセイも悪させずにいて、ユーリたちが冒険に出ることもなかったかも?
そしたら、エステルとも出会わずにいて・・・
紆余曲折ありましたが、やっぱりこれでよかったのかも!

生き残るためにはブラスティアをすべて捨てるしかないなんて・・・
私たちの世界で言うところの機械を全て捨てるようなものでしょうか・・・
相当な不便を強いられいますね・・・
それでも、ブラスティアを捨てる選択をしたテルカ・リュミレースの人たちはすごいです!

最終的にはハッピーエンドでしたし、よかったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です