Tales of Vesperia テイルズオブヴェスペリア 3 岩佐まもる 原作/バンダイナムコゲームス イラスト 藤島康介 上田夢人 感想

Tales of Vesperia テイルズオブヴェスペリア 3
岩佐まもる
原作/バンダイナムコゲームス
イラスト 藤島康介 上田夢人

続きが気になりますね!
これは名作です!

以下、ネタバレありの感想となります!

ユーリは確かに損な役回りかもですね・・・
ラゴウやキュモール殺しに、ドンの介錯まで・・・
法が裁けない悪を自らの手で裁く。
うーん、難しい題材です・・・

ヨームゲンの件は結局何だったのです・・・?
まさか1000年前にタイムスリップしたとでもいうのでしょうか・・・
でも、デュークもいましたよね?
デュークは何か知っていそうではありましたが、語る気はなさそうですし、どういうことか気になる・・・

次にユーリとフレンが会うときは戦いになりそうですね・・・
法を守る正義と悪を裁く正義。
どっちも間違ってはいないのでしょうが、お互いに信念があるので譲れないのかも・・・
ん、でも、戦いになってそのあとはどうするのでしょうか?
殺したりはしないでしょうが、相手のことを認めておとなしく引き下がるとか?
ユーリが勝った場合はそれで済むのでしょうが、フレンが勝った場合はユーリを捕まえて牢屋に入れそう・・・

エンテレケイアは魔物と違うのです?
人語を理解し、壊あるの流れを調整できる魔物?
あ、そもそも魔物ってどういう存在なのでしょうか・・・
ラピードが魔物じゃなくて犬になっているということは、動物もいるんですよね?
じゃあ、魔物って・・・?
不思議な力を持っているとか?
他の動物とは体の構成が違うとか?
謎です・・・

ああ、ジュディスが・・・
船のコアを壊して逃走ですか・・・
でも、結局また仲間になってくれてよかったです!
レイヴンも同様ですね!
エステルを融解して、ユーリたちと対峙したときはどうなるかと思いましたが、結局仲間を見捨てることはできなかったって言うことなのかな?
いや、そしたらなんで裏切ったのです・・・?
んー、レイヴンが生にしがみついているかはわかりませんが、一応アレクセイは命の恩人ということになりますし、恩を返さずにはいられなかったとか?
でも、ユーリたちと一緒に冒険して仲間意識も芽生え始めて・・・。
レイヴンはいつも飄々としていますが、本当は色々と悩んでいたのかも!

ドン死んじゃいましたね・・・
すごいショックです・・・
でも、かっこいい幕の閉じ方です!
自分の死ぬタイミングも自分で決めるってことなのかな?
ドンはダングレストの伝説になりそうですね!

アレクセイ・・・
完全に悪役です・・・
結局アレクセイも権力欲に取りつかれてしまったのでしょうか?
理由は後々語られるのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です