Tales of Vesperia テイルズオブヴェスペリア 2 岩佐まもる 原作/バンダイナムコゲームス イラスト 藤島康介 上田夢人 感想

Tales of Vesperia テイルズオブヴェスペリア 2
岩佐まもる
原作/バンダイナムコゲームス
イラスト 藤島康介 上田夢人

表紙のエステルが可愛いです!
どうやら藤島康介さんが表紙と原作のイラストを担当しているようですね!
魅力的な絵柄です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

みんなちょっとずつ成長している?
ユーリと見聞を広めているようですし、、エステルは帝国のやっていることを見て色々考えるところがあるようですね!
カロルは少し臆病なところがあるようですが、仲間のためにちょっとずつ勇気を出しているようですし、リタはエステルとの友情を深めてます!
レイヴンは、仲間って呼んでいいのかな・・・?
帝国の騎士団長であるアレクセイとのつながりもあるわけですが、五大ギルドの一つ「天を射る矢(アルトスク)」の一員でもあるんですよね?
んー、ダブルスパイみたいな感じなのでしょうか・・・
ジュディは成り行きで「凛々の明星(ブレイブヴェスペリア)」のメンバーになりましたが、まだいろいろと秘密を抱えていそうですし、きっとこれからですね!

エステルはブラスティアなしで魔法を使えるのです?
それって特殊な才能ですよね?
ジュディやフェローからも狙われていることを考えるとこの力にも何か秘密が・・・

ドンがかっこいいです! 渋いですよね!
強いおじいさんキャラって好きかも!
ギルドの人たちがドンを慕うのもわかります!
そういえば、バルボスがユーリは若いころのドンにそっくりだって言ってましたよね?
昔はドンもユーリのような飄々とした性格だったのでしょうか・・・
なんか想像つかないですね?

バルボスやラゴウは権力欲にとりつかれていたようですね・・・
どうしてでしょうか・・・
ドンやフレンとの違いは?
上に立つ者、上を目指すものですが、やっていることは全然違いますよね?
んー、信念とか?
バルボスやラゴウは人を見下したり、いい思いをしたいっていう欲望などから行動しているように思えますが、ドンやフレンは人のために行動していることが多いように感じます!
誰かのために行動するっていうことは、誰かに応援してもらえるってことなのかも!
だからどんどん上へと行けるのですね! 納得!

ユーリはラゴウを殺しましたね・・・?
これは罪になるのでしょうか・・・
法で裁けないのですから、自ら手を下すっていうユーリの気持ちもわかりますが、フレンは許さなそう・・・
これはどっちがいいんですかね・・・?
色々と考えさせられます・・・

ラゴウの次はキュモールですか・・・
でも、騎士団所属ですよね?
フレンが何とかしてくれないかな?
じゃなくても、アレクセイが何とかしてくれたり?
イエガーの存在も気になりますよね!
ギルドっていうのはみんな帝国を嫌っていて、自分のやりたいようにやるって感じかと思いましたが、ラゴウとバルボス然り、キュモールとイエガー然り、案外手を組んでいたりしますよね?
自らの利益のためなら敵とも手を組む的な?

物語がどのように進むのか楽しみですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です