Q&Aでわかるアンチ・ドーピングの基本 第一東京弁護士会総合法律研究所スポーツ法研究部会編 感想

Q&Aでわかるアンチ・ドーピングの基本
第一東京弁護士会総合法律研究所スポーツ法研究部会編

結構わかりやすかったです!
アスリートの方でドーピングに関する知識をこれから深めようとしている場合、この本から読み始めるといいかも!

図書館の新着図書にあったので借りてみました!
スポーツってかなり身近ですが、ドーピングに関することって全然知らなかったので勉強になりますね!

自分の体から禁止薬物が出てしまった場合、それが例え他人の悪意によるものであっても罰せられてしまうようです!
被害者にとっては酷なようですが、それで出場出来たらちょっと有利になっちゃいますもんね・・・?
そう考えると厳しいけど致し方ないのかも?

あとどこにいるか毎日報告したりする必要もあるらしいです!
他には毎日必ず一時間はどこかに検査用の空き時間を設けたり、サプリや食品などに禁止薬物が入っていないかの確認する必要もあり、練習よりこっちの方が大変そう?
アスリートって大変なのですね・・・

自分である程度の知識を付けておくのも必要なようですが、基本的には専門家に任せた方がよさげかな?



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です