OPENNESS オープネス 職場の「空気」が結果を決める 北野唯我 感想

OPENNESS オープネス 職場の「空気」が結果を決める
北野唯我

風通しのよさが大切なのですね!
確かに何でも相談できたりする間柄の方が連携も取りやすくなりますもんね?
何か問題が発生したときにもすぐ気づけそうですし、いいことづくめかも!

社員の士気ですか!
モチベーションが低いと仕事も手に付きにくい?
みんなのやる気があれば厳しい局面でも乗り切りやすくなるのかも?

ん、風通しのよさと言ってもなんでもかんでもがオープンになればいいという訳ではないのですね?
何事もバランスということでしょうか?
「過ぎたるは猶及ばざるが如し」とはまさにこのこと?

なんと、給与の高さは士気に直結しないのですね!
給料が良ければ必ずしもやる気に満ち溢れているわけではない・・・
風の通しの良さ、社員がお互いを尊敬しているか、若手の成長の機会があるか、が重要のようです!
成長できる環境があり、社内の雰囲気がいいと士気は高くなるってことなのかな?

情報が開示されていないと人は隠し事をされていると感じて、その後信用されていないと感じるのでしょうか?
だからオープンにすることが士気にかかわるのかな・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です