One Step From Eden 感想 考察

One Step From Eden 感想 考察

絶望にあふれる戦後における最後の希望、それがエデン。

BGMが素晴らしいです!
どれもいいBGMですよね!
特にテラ戦の「Unbreakable」、ヴィオレット戦の「Neverending Song」、ショップキーパー戦の「Triggered」が好きです!
すごく盛り上がります!

スペルがたくさんありましたね!
組み合わせ無限大って感じですごいわくわくできそう!
と言っても、実際に入手できるスペルはランダムなわけですから、必ずしも自分の欲しいスペルが手に入るわけではない・・・
その分理想の組み合わせができた時にはすごい嬉しくなりそうですね!

キャラクターデザインもかなり好きです!
ドット絵も魅力的ですが、キャラクター選択画面のイラストも好きです!
色んなスキンがありますし、眼でも楽しめますね!

ショップキーパーの変わりようにはびっくりです!
あれが裏の顔というやつなのでしょうか・・・
普段はあんなにニコニコして素敵なお姉さんなのに・・・
しかも、すごい強い!
一体何者・・・?

テラブル戦の最後の演出はすごいかっこいいです!
プレイヤーがやられたかと思いきや、今まで助けた仲間たちが協力してくれる!
これは熱い展開です!
このあと分岐するのも面白いですよね!

セリフ戦も盛り上がりますね!
今まで敵味方で分かれていたエリアが全部解放されてごっちゃになるとは!
面白い演出だと思います!
ラスボスにふさわしい・・・
そして、セリフは何者?
理を作るって言っていますから、神のような存在なのでしょうか?
なにやら時を戻している描写もありますし、時間も操れる?
さらに不死身ですから、本当に神様かも・・・

うーん、テラブルもどういう存在だか分かりませんね・・・
テラブルに会う条件はすべてのボスを見逃すこと。
そして、テラブルを倒した時にテラが来てくれないことと、また見逃すのかって言っていますから、テラブル=テラ?
名前が変わっているのはどういうことでしょうか・・・
でも、テラでもテラブルと戦えるんですよね・・・
同一人物ではない?
もしかして、姉妹?
いや、姉妹だと見逃すうんぬんの発言と整合性がとれなくなる・・・
元は同一人物だったとか?

結局ストーリーはどういうことだったのでしょうか・・・
エンディングは4つあって、
①ゲートを破壊した結果、セリフが出てきて倒される
②テラブルを倒し、とどめを刺さない
③テラブルを倒し、とどめを刺す
④セリフを倒し、とどめを刺す
って感じですよね?

①ゲートを破壊した結果、セリフが出てきて倒される
ゲートはエデンへの入り口のようですから、そこへ無理やり押し入ろうとしたプレイヤーをセリフが倒しに来たといったところでしょうか・・・
ん、そもそも押し入らないと入れないような場所なのです?
エデン内は都会のような雰囲気ですから、かなり科学の発展した世界?
あ、戦後ってなっていますから、もしかして、エデンが戦争に勝った国とか?
別の国じゃなくても、敗戦国の中で唯一人の生活できる場所とか・・・

②テラブルを倒し、とどめを刺さない
これはハッピーエンド!
みんなで仲良くエデンへ入ったということなのですね!
でも、中にはセリフがいるんじゃ・・・
こんなにたくさんの仲間がいたらセリフも倒せるかも?

③テラブルを倒し、とどめを刺す
これは後味の良くないハッピーエンド・・・?
いや、後味の良くないハッピーエンドって存在するのでしょうか・・・
結果的にテラブル以外がエデンに入れた感じですよね?

④セリフを倒し、とどめを刺す
セリフを倒してもとどめを刺さなければ、最初に戻されちゃうみたいですね?
ショップキーバーを含めたすべてのボスを倒すと、セリフにとどめを刺せるようになるようです!
これってバッドエンド・・・?
そもそもセリフに会う条件が「道中のボスをすべて倒す」ですから、元々無慈悲なルートなのかも・・・
あ、そう考えるとセリフが襲ってくるのはプレイヤーが殺人を犯しているから?
ふむ、ゲートと戦う条件も道中のボス誰かしらを殺すことですし、罪を犯した人間はエデンに入れないのかも?
エデン、楽園、天国・・・?
じゃあ、④のルートでプレイヤーはエデンに押し入っているのですね・・・
そう考えると、②のルートは誰も殺さずにエデンに入っていますから、セリフが襲ってきたりもしなさそうですね!
そしたら③は?
結局テラブルを殺しているわけですよね?
んー、テラブルは登場時にゲートを破壊していますし、罪人を処刑したって感じなのでしょうか?
それなら罪には数えられないのかな?

そういえば、セリフを完全に倒すカギはショップキーバーが持っているんですよね・・・
なんででしょうか・・・
もしかして、ショップキーバーもエデンに押し入ろうとしたのです?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です