GIANT KILLING ジャイアントキリング 20 作綱本将也 画ツジトモ 感想

GIANT KILLING ジャイアントキリング 20
作綱本将也
画ツジトモ

ジャイアントキリングの選手たちってみんな個性的ですよね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

達海の読み通りですか!
佐倉もかなり研究してきているようでしたけど、達海も負けないくらい研究してきていたみたいですね!
さすが達海!
でも、ケン様あたりがその読みすらも覆すようなことをしてくるんじゃないかな・・・
ちょっと心配・・・

赤崎は椿のことをだいぶ意識しているのですか・・・
意識しすぎて逆にうまくいっていない感じ?
あ、赤崎に意識をさせるほど椿のプレーは上手くなっている?
これならそのうち椿も代表に選ばれたりして・・・

前半の一点はでかい!
あとは守るだけですが、一点だけだと心もとない?
達海ならもう一点狙いそうな気も。
どういう試合運びになるか楽しみですね!

メンデル迫力あるなぁ・・・
でも、冷静なところがかっこいいです!
ただ顔がちょっと怖いから怒れる戦士って感じがする・・・

山形がこの試合中新しいシステムを試してくるようですが、それが上手くはまったらETUも危ないかもしれない。
達海はそこまで活かせないって言っていますが、どうなるかな・・・
ジャイアントキリングは相手も試合の中でどんどん成長していっていますから、油断できない・・・

有里は達海の扱いに慣れてきた感じがありますねw
もはや広報というより、達海のマネージャー?
達海が有名になってさらに忙しくなってきたらそれもよさそう。

有里の起こし方がワイルドだったので、選手たちから恐れられていますねw
こういうことの繰り返しでそのうち有里に逆らう選手がいなくなったりして・・・
なんだかETUのドンみたいな感じですねw

うーん、やっぱりケン様が何かしてこないか心配・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。