GIANT KILLING ジャイアントキリング 07 作綱本将也 画ツジトモ 感想

GIANT KILLING ジャイアントキリング 07
作綱本将也
画ツジトモ

ハラハラするけど、これがジャイアントキリングだからこの先に何かあるんじゃないかと期待しちゃいますよね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!


え、既に2点も取られてますけど、達海はここから逆転するつもりなのです・・・?
少なくとも勝つには3点は取らないと・・・
でも、3点も取ったらすごい熱い展開!
是非そうなってほしいです!

ダルファー監督とソノダくんは仲がいいですねw
二人はプライベートでも親交がありそう!
このコンビ好きかもw

ブラン監督はマイペースですねw
会話中に内容がコロコロ変わる!
頭の中ではすごいスピードで色々考えているのかな?

ううううう、ETUはずっと攻められてます・・・
しのげている、とは言いづらい気がする・・・
窪田がセカンドボールを拾いまくって攻撃の起点になっているのですか・・・
これは手ごわい・・・

んー、ジーノは不調ですか・・・
いつも頼りになる選手だけにこれは痛いんじゃ・・・
いや、相手選手がそう思っているだけでジーノ自身が何かを言っているわけじゃありませんよね?
もしかしたら、そういう作戦かも・・・?
それか調子が悪いのはジーノじゃなくて、椿?
あ、足の速い椿を利用して相手の裏にパスを通そうとしている?
これが決まったら大阪から1点をもぎ取れそう!

3点取るとしたらだれかな?
ジーノのアシストで椿が1点。
活躍すると意気込んでいた世良が1点。
ここぞという場面に強い夏木が1点。
これで合計3点!
うん、いけるかも!
あ、これ以上点が取られない前提じゃよくないかな・・・?

超攻撃的サッカーで来ることを読んでいたということは、前半の内に何点か取られることも想定済み?
達海はどんな策を用意しているんですかね?
気になります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。