BLACK LAGOON The Second Barrage 十四話「Bloodsport Fairytale」 感想

BLACK LAGOON The Second Barrage
十四話「Bloodsport Fairytale」

この双子のお話は狂気に満ち溢れているような気がします・・・
でも、結構嫌いじゃなかったり!
腹の読み合いみたいな展開もいい感じですね!

以下、ネタバレを含みます!

双子の名前はヘンゼルとグレーテルというらしいです!
童話で言うと、一応ヘンゼルが男の子で、グレーテルが女の子なのでしょうが、長い髪はどうやらカツラのようですし、どっちがどっちだかわかりませんね・・・
もはやそんな感じの精神状態ではどっちでもよさそう・・・?
あと性別ってどうなっているのでしょうか・・・?
どっちも男の子? どっちも女の子? それともちゃんと片方が男の子でもう片方が女の子?
うーん、今後明かされるのかな・・・?

そういえば、バラライカさんが軍曹さんに年は取りたくない的なことを言っておりましたが、おいくつなんですかね・・・?
バラライカさんの容姿から察するに20代後半から30代前半くらい?
あ、女性の年齢について探りを入れるのはよくないですね・・・
この話題は忘れよう・・・

チャンの旦那がおそらく初めてサングラスを外した?
割とイケメンですね!
サングラスをかけなくてもいいのでは?
凄みを出すためにかけている可能性もありますね・・・
あ、でも、サングラス結構似合ってますし、これはこれでいいのかも!

お話の最後でグレーテル(?)が10万ドルで見逃してくれないかとシスターエダに掛け合っておりましたが、あれは上手い手だと思いました!
でも、それを蹴って10万ドル+双子の懸賞金の両方をいただこうとするレヴィはなかなかがめつい・・・
お金に困ってなさそうですけどね?
そういや、レヴィはお金を何に使っているのでしょうか・・・?
ちょっと気になる・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です