BLACK LAGOON The Second Barrage 十五話「Swan Song at Dawn」 感想

BLACK LAGOON The Second Barrage
十五話「Swan Song at Dawn」

なんて・・・悲しい終わり方でした・・・
でも、これでいいのかも・・・?

以下、ネタバレです・・・

結局ヘンゼルとグレーテルは死んじゃいましたね・・・
身内を殺されたホテルモスクワは容赦ない・・・
でも、このままでは二人とも殺しを続けていたでしょうし、この方が良かったのかも・・・?
あ、グレーテルの歌声はすごい綺麗でしたね!
ベニーという通り優しい誰かがいたら二人はだいぶ違う人生を歩んでいて、歌手になっていた可能性もあったのかも?

にしてもホテルモスクワを敵に回すと恐ろしい・・・
バラライカさんは仲間想いなのでしょうが、やはり怖い女性・・・
そういえば、「No one lives forever」と発言しておりましたが、すごい発音が良かったですね!
声優さんってすごい!
あと血が昇れば勘が鈍るとも言っておりましたが、熱くなって冷静な判断を失うってこと?
たしかに熱くなると視野も狭くなりますし、こういう世界では頭に血が昇った方が死ぬのかも・・・?

毎回思うのですが、顔の欠けた仏像はなんだかかわいそう・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です