BLACK LAGOON the Second Barrage 十三話「The Vampire Twins Comen」 感想

BLACK LAGOON the Second Barrage
十三話「The Vampire Twins Comen」

二期になってもOPは変わらないようでした!
OPの曲、結構好きなのでよかったです!
ただOPの最中にちょいちょい「the Second Barrage」の文字が入ってるっぽい?
私は気づきませんでしたが、EDでも入っているのかも?

以下、ネタバレとかあります!

ブラックラグーンには難しい言葉がたくさん出てくるような?
やっぱり作者の方はかなり聡明なお方に違いない・・・
調べてみたらカニバリズムは人食のことで、ネクロフィリアは屍姦(しかん)のことらしいです!
結構えぐい内容ですね・・・
あと作中でも謎の言葉とされていた「ブナセアラ」や「ソアラマイマーレ」は今後の展開で明かされそうですので、まだ調べないでおこうと思います!
でも、気になる・・・!

また新しいキャラクターが出てきましたね!
狂気の双子って感じ?
狂っている感じがどことなく、PSO2のダークファルス・ダブルを思い出させますね!
でも、死体の頭にくぎを刺すって・・・
割とグロいような気もしますが、狂っているのは好きです!

そういえば久しぶりにシスターエダが出てきましたね!
一回きりのキャラクターとか割といるみたいなので、もう出てこないかと思いました!
レヴィがシスターエダに対して男漁りがどうとか言っておりましたが、シスターエダは男に飢えている?
いい寄ってくる男性はたくさんいそうですけどね・・・?
やっぱり好みとかあるのかな?

あとバラライカさんがすごい怒ってましたね!
身内に対してはすごい優しいみたいなのですが、敵に対してはなかなか手厳しい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です