BLACK LAGOON The Second Barrage 十七話「The Roanapur Freakshow Circus」 感想

BLACK LAGOON The Second Barrage
十七話「The Roanapur Freakshow Circus」

結構やばそうな展開・・・!
ひやひやしますね! でも、それがいい!

以下、ネタバレもあります!

新キャラがかなり強いですね!
掃除屋ソーヤーはチェインソーで銃弾をはじいていたのがすごいかっこよかったです!
キャラクターデザインは割と好きかも!
あの物静かな感じもいいですね!
ただ声帯がやられているのか、あんまり喋れないというのもあるかも?

あの火の人は優しそうな顔をしているのに、すごい危なそうな人ですね・・・
火だと自分自身も割と危なくなったり?
というか攻め方がかなりえげつないですね・・・

当初はエダの目論見通りで偽札職人を助け出すところまではよかったのですが、途中からそう簡単には行きませんでしたね・・・
ダッチたちは唐突に仕事が入って出かけているようですし、ハンターたちは事務所に攻めてくるし・・・
うーん、どうなるのかな? ちゃんと逃げ出せる?

そういえば、ラグーン商会は逃がし屋?
運び屋だと思っていたのですが、違ったのかな?
それとも人も運ぶから運び屋兼逃がし屋ってところ?

あとダッチがベニーやロックの内に秘めているものにも気づきている的なことを言っておりましたが、あれはどういうことなのかな・・・?
ベニーやロックも実は怖い人?
悪事に加担している時点でいい人とは言えないのでしょうが、ロワナプラでは慈悲はある方でしょうし、言動も穏やかですよね・・・?
今後このことについては言及されるのかな?
ちょっと気になる!

シェンホアはどうなったのでしょう・・・?
エダの撃った弾が命中した?
うーん、シェンホアなら避けそうですけどね・・・?

あ、ベニーならパスワードとか突破できそう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です