BLACK LAGOON The Second Barrage 二十二話「The Dark Tower」 感想

BLACK LAGOON The Second Barrage
二十二話「The Dark Tower」

辛く苦しい生き方?
もし仮にそれを選ぶしかないとしたら相当つらいでしょうね・・・
さらにそれを選ぶには覚悟が必要なのですね・・・
うーん、ハッピーエンドになる未来が見えない・・・

以下、ネタバレです!

雪緒さんはもう極道として生きる覚悟を決めているのですね・・・
まだ18歳になるかどうかでしょうし、ロックを攻める部分は少し大人になり切れていないのかも?
うーん、ロックも覚悟が足りなかったのでしょうか・・・?
いや、日本で生きることを諦めた時点で多少なりとも覚悟はしていたはず?
ただロックは優しいので善人が危険にさらされていれば助けたくなるのかも?
ん、上手く言い返せないロックも思うところはあったのかな?

その点銀さんは義理と重んじているようでしたね!
助けてくれたレヴィに対して礼儀を尽くしたようですし、だいぶ大人のイメージ!
んー、銀さんならうまく世の中を渡れそうですけどね・・・?
銀さんなりの正義があって社会と上手く折り合いがつかなかったのかな・・・?

最終的にどうなっちゃうのか気になりますね!
もうあと2話ほどで終了のようですし、今後はどうなることやら・・・
雪緒さんも銀さんもとても魅力的な人物ですし、生きて今後も出てきてくれたら嬉しいけど、最後は切腹とか討ち死にとかしそう・・・
どうか、幸せになってほしいですね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です