BLACK LAGOON 003 広江礼威 感想

BLACK LAGOON 003
広江礼威

表紙のバラライカさんかっこよすぎる・・・

でも、逆らったらどうなるかはヘンゼルとグレーテルが証明しましたね・・・?
誘導され、逃げた先でも追い詰められて殺される・・・
バラライカさんがロアナプラでも大きい顔をしてられる理由がよくわかりました・・・

ロックはレヴィを起こしに行きましたが、合鍵を持っているのです・・・?
このロアナプラでまさか鍵をかけずに眠るなんてことあり得ないですもんね・・?
あのケンカからかなり仲良くなったのかな?
あ、ダッチが合鍵を持っていたのかも?
ダッチなら雇用主ですし、合鍵の一つくらい持っていてもおかしくないですよね!

張さんもトゥーハンド!
二丁拳銃の使い手は結構いるのかな?
いや、レヴィがトゥーハンドと称されるほどですから、あんまりはいないはず?
そう考えるとレヴィって相当すごい!
実は張さんがレヴィの師匠だったりしないかな・・・
いや、二人の関係を見ているとそれはなさそうな気も・・・

現実における二丁拳銃
銃が未発達だった古い時代には、弾丸の再装填の代わりに銃ごと交換する方法は頻繁に行われていた。これは、右手に持っている銃を撃ちつくすと右手の銃を落として左手の銃を右手に持ち替え撃ち続けているのであって、両方を同時に発砲することはあまりない。また、古い時代では1人で二丁以上の拳銃を持っていた事例は多く、南北戦争でネイサン・ベッドフォード・フォレスト将軍とその親衛隊は、各々が4丁の回転式拳銃(リボルバー)を持っていた。当時使用されていた銃は、再装填に時間のかかる弾倉固定式フレームだったためにこのような方法が必要だったが、マガジン交換の容易な自動拳銃が登場するとコストと重量がかさむばかりで、意味が薄れてきた。

とはいえ、現代でもニューヨーク市警察の警察官はバックアップとして第2の銃や第3の銃を持っていることが多いため、撃ち尽くしたら別の銃を抜く方法は「ニューヨークリロード」と呼ばれている(普通は銃本体と予備マガジン2本、全部で3丁分の弾薬を携帯する。空になったマガジンは取り敢えず放置し後で回収する)。

現実に二丁拳銃で左右同時発砲を行おうとした場合、拳銃は基本的に右手に持って扱うように作られているため、左手に持った銃は種類によっては安全装置を簡単に解除できない可能性がある。また、ほとんどの自動拳銃の場合には薬莢が右側に飛び出すので、目の前を薬莢が飛んでいくという問題が生じる。これを解決するためには、目の前で構えるか、左手には左利き用の拳銃を持たせなければならないが、左利き用の銃というのは生産数が少なく、左利き用が存在しない銃も多いために調達が難しい。

両手に銃を持ってしまうと、どちらかの銃を離さなければ再装填を行うことができないため、再装填の容易な銃が普通になっている現代では実用的でない。また、ガンマンの技量的にも、反動や狙い方も考慮すると、両手のどちらでも同じ命中率を発揮できる人間はまれであり、普通は利き手かつ両手でしっかり押さなければ満足な射撃が行えないため、二丁同時発砲は実用的な手段ではない。

wikiより!
レヴィと張さんって相当すごいのでは・・・?
二人とも左利き用の銃を用意しているのかな?

シェンホアが登場!
武器がかっこいいです!
剣の柄に紐を付けて操っているようですが、すごい危険な気がする・・・
一歩間違えば自分に刺さるんじゃ・・・
それを使いこなすシェンホアはすごいです!
現実に存在する武器なのかな?
武器名とかあるのです・・・?

そういえば、表紙にロック、ダッチ、ベニーが来ませんね・・・?
表紙を飾れるのは女性だけなのかな・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です