BLACK LAGOON(アニメ版) 七話「Calm Down,Two Men」 感想

BLACK LAGOON(アニメ版)
七話「Calm Down,Two Men」

最初からネタバレを含みます!

やっと仲直りしたみたいですね!
最後にタバコどうしをくっつけて火をつけたのは仲直りのしるしみたいなものなのかな?
ダッチはこうなることを予想して二人を一緒に行かせたのかな・・・?

そういえば、レヴィって本当はレベッカって言うのですね!
ということはレヴィはあだ名みたいなもの?
そういえば、ロックもあだ名みたいなものでしたっけ!
そうなるとダッチやベニーも本名が別にあるのかな?

また新しくキャラクターが出てきましたね!
シスターが二人!
若い方がエダ? そして年配のシスターがヨランダでしたっけ・・・?
シスターなのに銃をぶら下げていたり、麻薬や武器の売買なども行っていたり、けっこうやりたい放題な教会なのかな・・・?
シスターヨランダ相手に交渉するロックはかっこよかったです!
あ、やっぱり、ブラックラグーンに出てくる女性キャラクターは怖い人しかいない?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です