99%の人がしていないたった1%のコツ 河野英太郎 感想

99%の人がしていないたった1%のコツ
河野英太郎

勉強になります!
理想のリーダーになるって大変なのですね・・?

リーダーにカリスマは必要ないらしいです!
後天的に鍛えられるそうなのでこれからリーダーになる方も安心ですね!
今リーダーの方も後進を育てる際にはやる気があって成績上位の方ならいいみたいです!
この本を読めばみんなリーダーになれるってことなのかな?

ちなみにリーダーとマネージャーは違うみたいです!
リーダーはゴールを示したり応援する人で、マネージャーは管理する人みたいです!
人材不足により兼任するケースもあるみたいですが、一応は別とのことです!
この本ではマネージャーではなく、リーダーに関して書いてありました!
応援したりって言うのはまさしくコウペンちゃんのこと・・・
コウペンちゃんはいいリーダーになれそう!
それとリーダーは常に上機嫌でいることが重要みたいです!
やっぱりコウペンちゃんはリーダー向き・・・!

バランスも大事みたいですね!
ドリームチームを作るよりバランスを考えたチームの方いいようです!
主張の激しい人がいれば、控えめでよく話を聞く人を。
発想力豊かな人がいれば、そのアイディアをさらに広げてくれる人みたいな感じ?
ふむ、なんだかパズルみたい?
十人十色、みんな違ってみんないい!
そんな感じですね!

それと控えた方がいいことも書いてありました!
吊し上げは避けたり、愚痴を言わないなどですね!
相手のメンツをうまく保ってやる気を引き出すのがリーダーの仕事みたい?
温かみのある言葉をかけたり、間違った方向へ進んでいたらうまく導いてあげたりすればおのずとリーダーについてくるようです!
他にはコミュニケーションの重要性も説いておりました!
よく知ると連携も取りやすくなりますもんね!

「欠点は個性」という言葉が書いてありましたが、とてもいい言葉だと思います!
欠点さえも個性として見られたらなんと素晴らしいことでしょうか・・・
文章の雰囲気からも河野さんはとても優しい方なのだと思いました!

コウペンちゃんを観察すればいいリーダーになれるかも?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です