64 ロクヨン 下 横山秀夫 感想

64 ロクヨン 下
横山秀夫

面白かったです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

ずっとハラハラしてました!
二渡さんの動きは読めませんでしたし、刑事部は暴挙に出てますし、挙句の果てに誘拐事件まで・・・
続きが気になってページを読む手が止まりませんでした!
ロクヨンは素晴らしい作品です!

確かにロクヨンのお話でした!
時効寸前でしたし、もう犯人は捕まらないものかと思いきや、雨宮さんの執念がすごい!
一軒一軒無言電話をかけるだなんて・・・
というか、犯人は今まで全然登場していない人物でしたか・・・
てっきりすでに登場している人物の中に犯人がいるかと・・・

落合さんの会見は読んでいてちょっとつらい部分がありました・・・
なんでみんなあんなに落合さんを責めるのです・・・?
というか、暴言とかが結構出ていましたけど、逮捕とかできなかったのかな?
いや、下手に逮捕したら職権乱用とかで騒がれちゃうのかも・・・
ああ、ペンは剣よりも強しってこういうことだったのでしょうか・・・

二渡さん実はかなりいい人だったのですね!
刑事部長ポストを守るためにずっと暗躍していたとは・・・
二渡さんも三上さんに言えば、三上さんから作戦が漏れる可能性もありますし、だからずっとそっけない態度だったのかな・・・

あれ、結局あゆみちゃんは見つかってないですよね・・・
最後の希望だった無言電話が実際は雨宮さんの犯人捜しだったわけですから、あゆみちゃんからの連絡は一切ないままってことになりますよね?
世間的にはハッピーエンドですが、三上夫婦にとっては完全なハッピーエンドとは言い難いのかも・・・

ん、続編とかないのかな?
あゆみちゃんはまだ見つかっていませんし、日吉さんもまだ部屋から出てきていない。
ロクヨンの犯人は見つかりましたけど、まだ解決していないことがありますよね・・・
ふーむ、続編で三上さんと二渡さんのコンビとかあり得ませんかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です