黒執事4 枢やな 感想

黒執事4
枢やな

表紙のセバスチャンがイケメンです!
ちょっとワイルドな感じもいいですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

またインド・・・?
憂国のモリアーティーでもインドが絡んでましたし、イギリスとインドって切り離せないものなのかも?

ソーマ王子もアグニもかっこいい!
この作品に登場する男性キャラクターはほとんど美形ですね!
しかもアグニはあのセバスチャンと互角とは・・・!
信仰心のある人間はとても強いのですね!
死神が実在する世界ですから、カーリーやシヴァが実在してもおかしくないのかも・・・?
そのうち死神以外の神様も出てくるのかな?
神様ですからきっと悪魔の敵ですよね?
もし登場したとしても相当手ごわそう・・・

セバスチャンとアグニがそれぞれ母国語で「御意」って言うシーンはすごいかっこよかったです!
あ、セバスチャンはそもそも英国生まれなのかな・・・?
悪魔に出身地とかあるのです・・・?
それと悪魔独自の言語ってあるのかな?
他に悪魔が登場してみるまで分かりせんね・・・

今後はカレー勝負になるみたいですね!
すごいお腹が空いてきます!
神の右手が作り出す最高級のカレーを私も食べてみたいです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です