魔眼の匣の殺人 今村昌弘 感想

魔眼の匣の殺人
今村昌弘

面白いです!
サクサク読める作品ですね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

前回はゾンビでしたが、今回は予知でしたね!
なんらかの超常が毎回出てくるのかな?
そしたら次は何に?
幽霊? 妖怪? 
班目機関は超能力について研究していたところもあるようですし、予知とは別の超能力かな・・・

比留子さんはまた鮮やかななぞ解きでした!
何気ない会話がヒントになっていて、どの文章も見逃せない・・・
サキミさんが実は岡町くんだったのはびっくりです!
てっきり男性の助手なのかと・・・
殺鼠剤の件とサキミさんが動物に話しかけていた件を繋げられなかった・・・

サキミさんは50年も先のことを予言できたのです・・・?
これは十色勤さんが本物だと信じるのもわかります・・・
でも、お孫さんが・・・
茎沢くんも死んじゃいますし、救いがなかった・・・
運命は決まっていたということでしょうか・・・

比留子さんと葉村くんは結構いい雰囲気ですが、付き合ったりはしないのです?
葉村くんは今のままでもいいようなことを言っていましたが、比留子さんは待っていたりしないかな?
んー、でも、比留子さんは自分の体質を考慮して仮に告白されたとしても曖昧にするか、断りそう・・・
いつか比留子さんの体質も治る時が来るのでしょうか・・・
あ、でも、治ったらこのシリーズが終わってしまう・・・
ちょっと悩ましいところです・・・

最後の方はちょっと怖かったです・・・
白装束の人って・・・
これが映像のになったらかなり怖い気がする・・・
それと呪いの件も怖かったです・・・
臼井さんや王寺さんは本当にそのトンネルに行ったのでしょうか・・・
だとしたら呪いは実在する・・・?

ちょっとずつ班目機関の謎に近づいていきますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です