魔法使いの嫁13 ヤマザキコレ 感想

魔法使いの嫁13
ヤマザキコレ

いつもいいところで終わります・・・
続きが気になる作品は名作の証拠かも・・・

以下、ネタバレもあります!

「カルナマゴスの遺言」
そんなに危険でも破棄はしないのですね・・・?
いつかいいことに利用できるとか考えているのかな?
それとも破棄できない・・・?
あ、そもそも禁書って魔法使いが書いた本でしょうか?
それとも魔術師が書いた本?
仮に魔法使いが書いた本だとすると本自体に何か魔法がかけられていて、破棄しようとした者に危害を加えるとかありそう・・・
だから保管するしかないのかな・・・

偽書の残骸に蜘蛛の糸が織り込まれていたとのことですが、以前ウェブスター家を惨殺した犯人の仕業かな?
わざわざ暗殺までして家業を盗もうとしたのですから、それを何かに利用しようとしますよね?
人の魔力をを吸い取ったり、不死者の創造、死者を蘇らせるなどかなり悪用できなそうな内容が書いてある本ですし、悪だくみの予感・・・
ルーシーに同じ症状が出ていたことから考えるとあのキャンプに行ったメンバーがかなり怪しいのかな?
あ、でも、外部の人間があの場でルーシーに危害を加えた可能性も・・・
そうなると誰も彼もが怪しくなってくる・・・

あ、キャラクター紹介ありがたかったです!
ちょっと忘れかけてました・・・
カレッジの生徒以外も紹介されたりしないかな?

ナックラビーはだいぶ怖かったです・・・
海に関係する妖怪や妖精っていつも怖いイメージ・・・
ナックラビーはどうして発生したのでしょうか?
まさか何者かが悪意を持ってあそこに放ったとか・・・?
ちょっと雲行きが怪しくなってきた・・・
チセの学園生活に平穏が訪れることはあるのでしょうか・・・

リアン、イケメン・・・!
チセを一人にしないあたりがかっこいいです!
リアンがいなかったらチセは食べられていたかもしれませんね!
いや、チセが本当に危なくなったらエリアスが助けてくれそうな気も?
まだ少し余裕があったから、様子を見ていたのかな?

そういえば、ナックラビーを撃退したとき、チセになにが起きているのです?
竜の力が暴走?
カルタフィルスは曖昧にしてますし、竜の力とは限らないのかも?
チセの深層心理とか?
うーん、チセに限ってそれはないような気も?
ドラゴンに交じって別に悪意のあるものがチセの中に入り込んでいる可能性も・・・
う、気になります・・・

ふーむ、確かにエリアスはどうやってお金を稼いでいるのでしょうか・・・
あ、そう言えば、薬を売ったりしてましたっけ?
それ以外にもなにか呪いで生計を立ててそう。
あとは誰かから依頼を請け負ってそれを解決したりもしてそう!
あ、チセと出会う前なら少し悪いこともしていそう・・・

家族がいる人には家族がいない人の気持ちが理解できない?
そして、その逆もまたしかり・・・
ルーシーはいまだウェブスターの悲劇にとらわれているのでしょうか・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です