魔法使いの嫁11 ヤマザキコレ 感想

魔法使いの嫁11
ヤマザキコレ

チセはカレッジのみんなと少しずつ打ち解けてきたみたいですね!
みんなぞれぞれ何か抱えているようですが、これも少しずつ明かされていくのかな?

以下、ネタバレを含んでます!

ガブリエッラは吸血鬼だったのですね!
吸血鬼がシスターをやっているとは・・・
派遣されてきた少年も管狐っぽいのを使ってましたし、教会は人以外の存在を結構抱えてそうですね?
あ、この世界観で管狐は妖怪じゃなくてファミリアってことになるのかな・・・?
サイモンもそうですが、教会は異能の力を持っている人も結構抱えているみたいですね!
中には魔法使いや魔術師もいそう!
そんな人たちを束ねる羊飼いたちはいったい何者なのでしょうか・・・?
きっと相当強いに違いない・・・

ラハブさんとチセがついに出会いましたね!
ラハブさんの弟子がリデンルさんで、リンデルさんの弟子がエリアスで、エリアスさんの弟子がチセ?
うーん、そうなるとラハブさんとチセの関係は・・・?
ひ孫弟子・・?

灰ノ目がステラにいたずらしようとしておりますが、あの後はどうなったのかな?
ステラは灰ノ目と会ったことをチセに言いませんでしたし、既に何かされた後ってことはないですよね・・・?
にしても灰ノ目は得体が知れませんね・・・
でも、キャラクターデザインは結構好きです!

フィロメラは影になれるのかな?
影になって諜報活動をしている雰囲気がありますね!
もしかしてヴェロニカに言われてやっていることだったりすのかな?
はたまた個人的にやっているのか・・・
チセたちに見つかってしまったようですし、そのあたりは次巻で明かされそうですね!

なんでチセをお嫁さんにしたかっていうエリアスの返答が聞きたい・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です