魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件1 原作:五代ゆう 漫画:オイカワマコ 監修:ヤマザキコレ 感想

魔法使いの嫁 詩篇.75 稲妻ジャックと妖精事件1
原作:五代ゆう
漫画:オイカワマコ
監修:ヤマザキコレ

魔法使いの嫁のスピンオフ!
かなり好きな絵柄です!

以下、ネタバレもあります!

チェンジリング。
これはダンジョン飯にもあったような?
あっちではキノコでしたが、元々はどういうものなのかな?

取り替え子 (とりかえこ、英語:Changeling)とは、ヨーロッパの伝承で、人間の子どもがひそかに連れ去られたとき、その子のかわりに置き去りにされるフェアリー・エルフ・トロールなどの子のことを指す。時には連れ去られた子どものことも指す。またストック(stock)あるいはフェッチ(fetch「そっくりさん」)と呼ばれる、魔法をかけられた木のかけらが残され、それはたちまち弱って死んでしまうこともあったと言う。このようなことをする動機は、人間の子を召使いにしたい、人間の子を可愛がりたいという望み、また悪意であるとされた

wikiより!
キノコは関係ないのかな・・・?
ジャックが元妖精で、ラリーが元人間ですよね?
ラリーは妖精に育てられたから狼っぽくなっていますが、人間に育てられたジャックも魔法とか普通に使ってますよね?
元々妖精だから、魔法を使うのに適正があるってことなのかな?
そういえば、エリアスも元妖精か何かでしたっけ・・・
ん、ジャックは本質的に妖精? それとも人間?
人間の肉体を持った妖精って感じなのかな・・・?
これってエリアスとかなり似た状況?

リンデルさん!
原作の話もちょこっと出てくるのですね!
リンデルさんとの話によると、この作品の時間軸は原作が始まってちょっとくらいかな?
ということはほぼ平行線で進んでいる?
そのうち、チセとジャックが絡んだりすることもあるのかな?
ちょっと楽しみ!

ジャックは好きな物に熱中するタイプなのですね!
完全に物で釣られているのはふふってなりましたw
舞台はニューヨークですが、そのうち日本へ行ったりすることもあるかな?
これも楽しみですね!

そういえば、ジャックとラリーは性別が違いますよね?
これって取り替えた時に気づかれませんか・・・?
それとも妖精の力か何かで、自分の子供が最初から女の子だったと勘違いさせられているとか・・・?

灰の目・・・!
こっちにも出てくるのですか!
出てくると毎回トラブルを起こしているような・・・
ん、というか、ニューヨークにも出てて来るのですね?
もしかして自由自在に動けるのかな?
それとも灰の目っていうのは一妖精の名前じゃなくて、種族の名前?
むむむ、気になる・・・

おお、電子の妖精!
なんかいいかも!
バロンはかなり頼りになりそうですね!
報酬は何で支払っているのかな?
データの世界では知りえない現実で起きた話とか?
このご時世では、電子機器がそこら中に存在していますから、バロンたちでも知りえない情報って存在するのかな・・・?
あ、その電子機器が通信したり、記録を保持できなければバロンたちでも知りえないか・・・

ジャックのお母さんはいいお母さん!
話を聞いていなくても適当に相槌を打つだけでいいとはw
お話をするのがすごい好きなのですね!
このお母さんからジャックのような子供が育つ・・・?
うーん、元が妖精だからかな?
人間の遺伝が妖精に当てはまるとも限りませんし、環境から受ける影響もどうだかわかりませんから、ジャックがどのように育つかはわかりませんもんね?

魔法のネズミが可愛い・・・
しかも意思疎通が取れて、情報収集もできる!
なんて有能なネズミでしょうか!
ご褒美はガソリンとチーズを混ぜたもの・・・
タイヤとネズミのハイブリッドだからこそ好む食べ物なのかな・・・?

ロデリックさんかっこいい・・・
骸骨頭の紳士って設定は好きです!
ただスポットキャラクターって感じがかなりしますね・・・
言動もかなりかっこいいので、ぜひレギュラーメンバーとして登場してくれないかな?

そういえば、詩篇.75の意味って・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です