魔女の旅々 THE JOURNEY OF ELAINA 2 著白石定規 イラストあずーる 感想

魔女の旅々 THE JOURNEY OF ELAINA 2
著白石定規
イラストあずーる

イレイナさんの心の声が好きです!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

水たまりをパシャパシャするのが好きなイレイナさん可愛い・・・

今回のカラーページはキャラクター紹介でしたね!
どれも魅力的なキャラクターばかりです!
あずーるさんの画力がすごい!
表紙もきれいでした!
家々の屋根が美しい・・・
でも、港町っぽいのに船があんまりなくて活気がないような・・・?

■魔法使いのための国
魔法使い至上主義ですか・・・
確かに魔法を使えるのはすごいことだと思いますが、それで傲慢になってしまうとは・・・
イレイナさんがちょっと不快になる気持ちもわかります!
イレイナさんがあの国へ行くことは二度となさそう・・・

■平和的な武器の使い方
なんだか童話にありそうなお話でした!
魔女の旅々はちょっと教訓チックなお話も多いような?
白石さんはもしかして童話好きだったり?

■逃げる王女。追うのはだれか
この章の題名は結構好きです!
なんだか語感がいい!
白石さんの使う言葉は惹かれるものが多い気がします!
ショコラさんもロザミアさんも美人さんですから、二人が並ぶと絵になりそうですね!
それと王子が百合に目覚めたのはちょっとくすっと来ました!

■目撃情報
これもまた童話チック!
短いお話でしたが、なるほどと思わされました!
白石さんの作るお話ははずれがないです!

■おしゃれの先駆者たち
この国の方たちはおしゃれに敏感?
敏感というか、みんな同じ格好をしたらまるで制服みたいで個性がないような・・・
みんなと同じ格好をするのが好きなのかな?
それともみんな同じような価値観を持っていて、次に流行るものが大層魅力的に見えるのかも?

■雪がとけるまでに
ちょっと悲しいお話でした・・・
残ったたった一人の妹まで殺されてしまうなんて・・・
ちょっとリアルであり、残酷です・・・
エリーゼは立ち直れましたから、結果オーライなのかな?

■残された遺産
カエルの子はカエル・・・
もしかして息子さんも親父さんと同じように借金を子供に託したり・・・?
そしてその子供もまた同じように・・・って感じで連綿と受け継がれていくのでしょうか・・・
あ、借金はかさむばかりでしょうからそれは無理か・・・
と思いましたが、孫の代までになったら貸した人も死んじゃって借金があやふやになりそうな気も?
ん、ちょっと将来どうなるか見てみたいですね?

■正直者の国
まさかのサヤさんが再登場!
しかも魔女ですか!
かなり出世している!
イレイナさん大好き具合にはふふってなりますねw
二人のやり取りは笑えますから、また出てきてくれないかな?

■爆弾の話
陰謀渦巻く・・・
そこまでするほど憎いのでしょうか・・・
膠着状態なのを忘れるほどの時が経てばこのいがみ合いも終了するのかな?
どちらかがしびれを切らして、また今回のような事件に発展しそうな気も・・・

■土産話
このお話は続くのかな?
後日談としてフラン先生とのやり取りを書いてほしいです!
すごいにやにやできそう!
楽しみです!

■怠け者を狩る者たち
調査局員がどんどんイレイナさんに惚れていくとは!
確かにイレイナさんはかわいらしいですし、とても魅力的な容姿をしていますよね!
局員が惚れるのも納得です!
でも、調査局員が活動停止に追い込まれるほどとは・・・
もしかして、イレイナさんの容姿はこの国で傾国の美女レベルなのかも?

■蘇る死者の楽園
あれ、グール同士でも意外と意思疎通できている?
ただ種族が違うだけで割と文化的な生活ができるのかも?
ん、というか、グールから元に戻す方法はないのでしょうか・・・
もし治せないなら、グールってかなり危険度の高いモンスターになりませんか・・・?

■故郷のために
ああ、このお話は・・・
確かにどっちを選ぶこともできない・・・
どちらも善意からの行動ですから、どうしようもないのかも・・・
お互いの正義がぶつかったとき、人はどうするのでしょうか?
戦うしかない?
そして、勝ったほうが正義になる?
勝てば官軍とはこのことですか・・・

■古びた国とネコ神様の再生
ネコ神様可愛い・・・
触れたらネコ好きにするって相当すごい能力じゃないです・・・?
どんな悪人でもネコのために尽くすことになるのですから、ある意味更生させられる?
さらに本人はとても幸せな気分になれますから一石二鳥のような気がする!

一話一話が短いのでサクサク読めますね!
しかも面白い!
3巻も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です