頭に来てもアホとは戦うな! 田村耕太郎 感想

頭に来てもアホとは戦うな!
田村耕太郎

かなり良いことが書いてあったと思います!
これは50万部突破も頷けるほどでした!

アホに構っている時間がもったいないというのが主な内容だったように感じます!
あ、著者の方が言うアホは自分にちょっかいをかけてくる方のようですね!
ただアホはその方に関心があるからちょっかいをかけたりするそうです!
好きな人に意地悪をしちゃうのと一緒かな?
あ、もしかしてツンデレってこと・・・?

著者の方は以前政治家だったらしく、後半の内容は権力とどう付き合うかがメインテーマだったような気がします!
自分の達成したいことがあるならなりふり構わず権力も利用しろと言ったところでしょうか!
著者の方も以前は正義感に任せて曲がったことは許せなかったようですが、それでは何も成し遂げられないことに気づいたそうです!
なので、何も成し遂げられないぐらいなら色んなものを利用した方がいいらしいです!

あとは偉くなっても腰を低くしている方が良いそうです!
ただ人間なので地位が高くなるとそれ相応に偉ぶってしまうそうな・・・
私も気を付けよう・・・

波風立てずに生きるのが賢いってことなのかな?

■帯の紹介
————————
堀江貴文、感動!「イライラが一瞬にして消えるスゴイ本」
アホが多すぎて50万部突破!
オリコン2018年上半期BOOKランキングビジネス書ジャンル1位
テレビで大反響!
————————
ふむふむ、一位はすごい!
それだけたくさんの方が読んだのですね!
しかもテレビでも紹介されていたとは・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です