頭が良くなる思考術 白鳥春彦 感想

頭が良くなる思考術
白鳥春彦

面白そうな題名で、これを読んだら成績アップを狙ったりできそうなので購入してみました!
学生の方、社会人の方、専業主婦の方でもこれを読んだら生活の質が向上するかも!
そんな本でした!

55もの項目があって、各項目1~2ページほどなのでとても読みやすかったです!
「筋トレが最強のソリューションである」でもそうでしたが、項目が細かく分かれていると理解しやすく、どんどん読み進められますね!

人は言葉にしないと考えてないそうな?
そして「書く」という行為は考える上でとても役立つそうです!
そう考えるとメモは考えるってことになるのかな?
ということはメモ魔の方はすごい考えているということなのですね!
そいえば、レオナルドダヴィンチもメモ魔だったらしい?
あと言葉の意味を正確に理解することも重要だそうです!
似ている言葉でも意味が微妙に違ったりしますから、確かに使い分けられればその分だけ表現方法が増えることになりそう!

良いなぁって思ったアドバイスは
・答えは人それぞれと心得よ
・やさしさを持て
・自分のしたいことをせよ
あたりですかね!
十人いれば十人の考え方があったり、人様を思いやる気持ちだったり、よそ様に惑わされず自分のしたいことをするのはとても素晴らしいことだと思いました!
確かに自分のやりたいことをやっている時って楽しいですし、時間が過ぎるのも早いですよね! あと充足感を感じます!
それに「好きこそものの上手なれ」って言葉もあるくらいですし、やりたいことをするのは自分が輝くチャンスかも?

他には読書もおすすめされておりました!
本を読むと人様の気持ちがよくわかるようになったり、頭が柔らかくなるそうです!
さらには知識も増えて一石二鳥?
うーん、読書はやはり素晴らしい・・・
物語を読めばワクワクドキドキハラハラを楽しめますし、自己啓発書やビジネス書を読むとやる気に満ち溢れますし、詩集を読むと優しい気持ちになれます!

55ものアドバイスをいただいたので、これで頭が良くなったのかな?
なっていたらいいな!

■帯の紹介
———————
ミリオンセラー『超訳 ニーチェの言葉』著者が
古今東西の哲学書・啓蒙書のエッセンスを凝縮

売れ続けて13年
15万部突破!
日本経済新聞「ベストセラーの裏側」でも紹介
限定プレミアムカバーで登場

あなたの思考がみるみるクリアになる!
実践的アドバイス55
「自分を隣から眺めてみよ」
「心に触れるものに価値をおけ」
「”幸せ”ではなく”満足”を求めよ」
———————
13年前に出た本だったのですね!
全然内容が色あせてないです!
今でも通用しそうな内容でした!
これできっと私の思考もクリアになったはず!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です