限りなく黒に近いグレーな心理術 DaiGo 感想

限りなく黒に近いグレーな心理術
DaiGo

なかなかに魅力的なタイトルです・・・
ギリギリのボーダーラインって惹かれるものがありますよね!

心理術は人間関係だけじゃなくてビジネスにも使えるのですね!
さらに悪用もできてしまう・・・
心理術って怖いですね?
いや、ここで詐欺師が使うようなテクニックを知っておけば、いざってときに騙されずに済むのかも?

ちょっとめくったところに書いてある「限りなく黒に近いグレーな心理術」っていうタイトルが限りなく黒に近い色で書かれている演出はちょっと好きです!
すごい見づらかったですw
遊び心があってこういう演出っていいですよね!

「彼と彼女のディナー編」に出てくるウェイターはすごいです!
仕事のできる日って意識してか無意識かは分かりませんが、こういうテクニックを使っているものなのかも?
このお店の売り上げはすごそう・・・

「清楚ないいコ編」に登場するFちゃんのやり方ってなんだか妓女みたい?
のらりくらりと躱されると、ついつい追いかけたくなるもの?
ん、FちゃんはGさんの好意に気付いてないのかな?
まさか、Fちゃんは気付いていて、Gさんは遊ばれている可能性もあるんじゃ・・・
なんとか心理術でGさんが巻き返すことはできるのでしょうか・・・

「恋愛の科学」で吊り橋効果は美男美女しか使えないって書いてありましたが、ここに書いてある心理術はどうなのでしょうか?
別にどれも美男美女である必要はなさそうですが、容姿が優れているに越したことはないのかも?
いや、優れていなくても、清潔感を出したり好意的にみられるように心がけていればより高い効果を期待出来たり?
あ、これがハロー効果ですか・・・!

心理術をうまく使えば、うまく異性の気を引けたり、交渉を有利に進めたりできそうですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です