金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿2 原作:天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや 漫画:船津紳平 感想

金田一少年の事件簿外伝 犯人たちの事件簿2
原作:天樹征丸・金成陽三郎・さとうふみや
漫画:船津紳平

やっぱりトリックを作るのも楽じゃないですね・・・?
思いついても実行するとなると力技だったり、結構大変そう・・・
そんな犯人たちの奮闘を描く漫画の2巻目ですね!
これもかなり楽しめました!

以下、ネタバレを含みます!

明智さんが犯人の罠にまんまと引っ掛かってしまうのには笑ってしまいました・・・、ある意味素直?
というか金田一少年はいろいろ細かいところにまでよく気がづきますよね!
やっぱり名探偵は観察力に優れているのかも!

タロット山荘殺人事件では犯人が金田一少年を殺そうとするも運よく生き残るという・・・、主人公補正?
まぁ、実際主人公が死んじゃったらお話が続かないからかな・・・?
犯人の敗因は金田一少年の運がすさまじくいいことかな・・・

あと悲恋湖伝説殺人事件では、犯人がずっとS・Kと言っててだいぶ笑えました! こういうの好きです!

おそらく分類的にはギャグマンガ?
お話の面白い漫画もいいですが、笑える漫画もいいですよね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です