遺書、公開。 6 陽東太郎 感想

遺書、公開。 6
陽東太郎

これは素晴らし作品です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

千蔭くんは犯人じゃない気がします!
回想を見る限りただ話を聞いてあげなかっただけですもんね?
いや、この公開から遺書を用意した可能性も・・・?
あ、2-Dの情報をここまで集めるのは厳しそうですから、やっぱり千蔭くんは犯人じゃなさそう!

そもそも単独犯なのでしょうか?
複数犯でもおかしくないですよね?
複数人なら手分けして準備も進められますし、あり得ない話じゃなさそう!

ふーむ、姫山さんに頼り切っていた2-Dですか・・・
それを苦に自殺?
あり得なくはない・・・
でも、姫山さんが本当に自殺ならもっと辛い事実またはもっと狂った理由になる気がする・・・

そもそもここまで来てもまだ自殺か他殺かはっきりしない・・・
警察が他殺を見逃すとは思えないものの、自殺の明確な原因もつかめず、どうしても他殺の線を捨てられないです・・・
はっ! まさか、それが陽さんの狙い・・・?
やっぱり自殺なのでしょうか?

先生?
もしかして、ずっと遺書公開を聞いていたのでしょうか?
それなら先生も無関係ではないのでは?
ふむ、先生なら遺書を用意するのも難しくなさそうですし、あり得る・・・
そういえば、池永くんもだいぶ怪しいんでした!
二人が共犯の可能性は・・・?

このちょっとずつ謎が明かされていく感じがいいですよね!
なかなかに焦らします・・・
でも、それがいい!
想像する楽しみもありますし、「遺書、公開。」は面白いです!
最終的にはどうなるのかな?
わくわくしますね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です