遠まわりする雛 Little birds can remember 米澤穂信 感想

遠まわりする雛 Little birds can remember
米澤穂信

短編集!
サイドストーリー的な感じかな?
なんて考えていたらクドリャフカの順番より先のお話も収録されておりました!

以下、ネタバレを含んでます!

■やるべきことなら手短に
奉太郎が千反田さんと出会ってすぐのお話みたいです!
伊原さんはまだ入部していないようですから、氷菓事件よりは前かな?
千反田さんからの追及を避けるために別の謎を用意するあたりはなんだか奉太郎らしくないな・・・と考えていたらちゃんとオチが用意されておりました!

■大罪を犯す
千反田さんでも怒るのですね・・・?
でも、千反田さんが怒るのも当然?
ただ千反田さんはやっぱり優しい方です!
相手にも怒る理由がちゃんとあるという考え方はとても好きです!

■正体見たり
幽霊の 正体見たり 枯れ尾花
よく聞く俳句ですね!
さすがは奉太郎、この謎も解いてしまうとは・・・
千反田さんが奉太郎に頼ろうとする理由もよくわかります!
奉太郎と一緒なら知的好奇心を満たしてくれそう!

■心あたりのある者は
ちょっとした推理ゲーム?
でも、このゲームって奉太郎次第なんじゃ・・・
わざと手を抜くことによって奉太郎がなんにでも理屈をつけられるわけじゃないということにできそうな気も・・・

■あきましておめでとう
まさか閉じ込められるとは・・・!
しかも奉太郎と千反田さんの組み合わせ!
恋愛ものだとここで関係が急速に進展するはずですが、そうも行きませんでしたね・・・?
ちょっと意外だったのは千反田さんがあの状況を見られたらどう思われるか想像していることでした!
ただ他の時、他の場所なら別に構わないとのことでしたので、自分以外の人間が被害を被る場合、凄い想像力を働かせられるのかも?
それと袋の鼠は見事でした・・・
奉太郎と里志はナイスコンビですね!

■手作りチョコレート事件
里志は自分の主義を変えるのが怖いみたいです・・・
そういえば、なんで伊原さんは里志のことが好きなのでしょうか・・・?
大勢の中から一途に里志のことを想い続けているわけですから、何かしら理由がありますよね?
気になる・・・
里志がチョコレートを割ってしまったのはとても残念でしたが、割と気持ちが傾きそうな雰囲気があるので今後に期待!
里志と伊原さんが付き合ったら古典部の様子はどうなるかな・・・

■遠まわりする雛
まさか!
奉太郎が千反田さんに惚れるなんて!
これは続きがすさまじく気になります・・・
あ、でも、奉太郎は省エネ主義ですから自分から積極的に行くというのはあんまり考えられないですね・・・
んー、千反田さんは奉太郎のことをどう思っているのかな?
手作りチョコレート事件の時に本当に親しい間柄の人にはお中元とか送らない的なことを言っておりましたが、これは脈ありなのです・・・?
今後千反田さんが奉太郎に詰め寄ることがあったら奉太郎はどぎまぎしちゃいそう!

いいお話がたくさん収録されておりました!
これは次の巻もすごい楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です