賭ケグルイ双8 <原作>河本ほむら <作画>斎木桂 感想

賭ケグルイ双8
<原作>河本ほむら
<作画>斎木桂

善咲会の評議員って何人いるのです・・・?

次から次へと・・・
登場したメンバーだけとも限りませんよね?
壬生臣さんのことだから極秘に行動させているメンバーもいそう・・・
仮にいるとしたらすでに登場している人かな?
まさか戸隠さんじゃないですよね・・・?
それかつづらさんとか・・・?
この二人ならインパクトが強いけど、裏切ってほしくない・・・

評議会のメンバーでまだちゃんと戦っていないのは久留米さん、凪さん、壮太郎さんかな?
下月売さんとはまだ完全に決着が付いていませんからそのうち再戦しそう!
そして善咲会ラスボスの壬生臣さん・・・
かなり苦戦しそう・・・

壮太郎さん高校生ですよね・・?
大分いかつい・・・
体つきがかなりしっかりしているので、スポーツとか武術とかやってそうですね!

壬生臣さんの本当の考えは・・・?
本当に善意で・・・?
目的が正しければ手段は選ばないだけなのでしょうか・・・
それとも別の思惑が・・・?
別に生徒会長の座にはあんまり興味がなさそうですが、一体何が目的なのでしょうか?
気になる・・・

芽亜里さんは挑発に乗りやすすぎですかw
すぐカッとなりますね!
プライドがそうさせるのでしょうか・・・
主人公ですから、誇り高く感じますが、これが敵だと三下チックな感じ・・・
そういえば、本編ではあんなに挑発に乗りやすくはなかったような?
夢子さんに負けて落ち着いたのかな?

煽るとせっかくの美人さんが台無し・・・
ん、美人さんが煽ったり、絶望したり変顔する作品って珍しいかも?
そういえば、映画化しているんでしたっけ?
女優さんとかも変顔するのかな・・・

繚乱賞記念。
どこが優勝するのかな?
文芸部がワンチャン優勝したり?
あ、去年は億単位の金が動いたんでしたっけ・・・
さすがに文芸部でそれだけ稼ぐのは難しそう・・・

芽亜里さんの文芸部への愛は本物ですね!
凪さんに勝負を挑むとは!
今回は様子見程度の戦いでしたが、芽亜里さんなら凪さんも倒してくれそうですね!

最終的に物語がどうなるのか楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です