賭ケグルイ双7 <原作>河本ほむら <作画>斎木桂 感想

賭ケグルイ双7
<原作>河本ほむら
<作画>斎木桂

あれ、みんな背を向けている・・・
まさか・・・

仲間割れ?
と思ったら別行動だから背を向けているのかな?
戸隠先輩とつづらさんは頑張りました!
芽亜里さんがいなくても大事なものを守るため何とかギャンブルに勝てましたね!
それにしても無理やり部長を交代させようとするなんて・・・
壬生臣さんはそこまでして芽亜里さんを手に入れたいのでしょうか・・・
芽亜里さんと綺羅莉さんをぶつける?
公算があるということなのでしょうか・・・
確かに芽亜里さんは勝ちへの執念がすさまじいですから、綺羅莉さんといい勝負をしそうな気も・・・
ただ聚楽さんとギャンブルしたときは、コテンパンにされたんですよね・・・
聚楽さん、壬生臣さんを余裕で倒せるほどの実力がないと綺羅莉さんと勝負するのはだいぶ分が悪そう・・・

久留米さんが4人目の仲間になったかと思いきや、裏切りの予感・・・
なぜ文芸部を?
芽亜里さん一人を狙い撃ちすればよさそうな気も・・・
つづらさんや戸隠さんを盾にして無理やり従わせようとしているのでしょうか・・・
さすがにそれは卑劣すぎるかな・・・?
うーん、壬生臣さんならやりそう・・・

盗撮野球拳って・・・
このギャンブルが学園で認められているのです・・・?
というか、盗撮と言っている時点で犯罪なんじゃ・・・
いや、同意のうえでギャンブルしていますから、違法ではないのかな?
とは言え、なかなかにリスキーなギャンブルです・・・
参加する側にも相応のメリットがないとかなり渋りそう・・・
それか今回みたいに脅して無理やり参加させるか?
むむむ、ありそう・・・

百花王学園って結構闇深・・・?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です