賭ケグルイ双4 <原作>河本ほむら <作画>斎木桂 感想

賭ケグルイ双4
<原作>河本ほむら
<作画>斎木桂

次はどんなギャンブルで戦うのかワクワクしますよね!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

今回は定期試験ギャンブルでしたね!
まさかテストの点数さえもギャンブルに使うとは・・・
さらにクラス全員グル・・・?
これは本編で芽亜里さんがやっていたことと似てる・・・

ここまでほぼ全戦全勝ですけど、もしかして芽亜里さんが完全敗北するのって夢子さんが初めて?
それまではずっと勝ち続けるってことなのかな?
んー、一回くらいは打ちのめされそうな気も・・・

直感像記憶とはすごいです!
稀有な才能ですね!
そりゃ、テストも満点になるわけです!
下月売さんは善咲会に入ったようですが、壬生臣さんに騙されているような気も・・・
なかなか厄介な相手を敵に回してしまったようです・・・
それと下月売さんが愛浦さんに協力するのはなんだか意外ですね?
善咲会の崇高な理念に惹かれたのかと思いきや、クラスメイトを貶める兼雑用を押し付けるギャンブルに参加するなんて・・・
下月売さんは押しに弱いのかな・・・

最近壬生臣さんが暗躍している気がする・・・
カップリングギャンブルに参加させたり、下月売さんを取り込んだり・・・
もしや、双のラスボスは壬生臣さんになるのかな?
あ、どちらかというと聚楽さんがラスボスになりそう・・・
いや、本当のラスボスは夢子さんかな・・・

愛浦さんはちょっと助けられたと思っていますし、今後芽亜里さんがピンチになりそうなときはどこかで助けてくれそうですね!
それか芽亜里さんの仲間になる?
今後の展開が楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です