賭ケグルイ双2 <原作>河本ほむら <作画>斎木桂 感想

賭ケグルイ双2
<原作>河本ほむら
<作画>斎木桂

すごいスリリングでした!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

壬生臣さんは根っからの善人というわけではなさそう・・・
何か裏があって生徒会長を倒したいみたいですね?
それで芽亜里さんを利用しようとしていたのですか・・・
壬生臣さんの真意は・・・

家畜の存在は江戸時代の穢多・非人と同じ?
下がいるから不満もひっこむ的な感じですか・・・
んー、綺羅莉さんってそんなに悪い人には見えないのですが、何か意図するところがあったのかな・・・
それとも本当に壬生臣さんの言う通り?
綺羅莉さんを信じたいけど、反論する材料もない・・・

カップリングギャンブルですか・・・
なかなかにしてやられましたね!
まさか本当につづらさんが裏切っているのではないかとハラハラしていました!
結果的につづらさんも戸隠さんも裏切っていなくてよかったです!

乾さんと久留米さんはどうなるかな?
このカップリングギャンブルを通じて仲良くなったり・・・
3巻では案外一緒に賭場を運営したりとかありそう!
ちょっと楽しみですね!

つづらさんはもう完全に芽亜里さんに惚れている・・・?
この作品では芽亜里さんが主人公ですし、モテモテになったりして・・・
そういえば、本編の最初でもクラスメイトの大勢が協力してイカサマしていたんでしたっけ・・・

あ、鈴井さんもそのうち出てくる?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です