賭ケグルイ双10 <原作>河本ほむら <作画>斎木桂 感想

賭ケグルイ双10
<原作>河本ほむら
<作画>斎木桂

これは熱い展開です!

以下、ネタバレを含んだ感想となります!

芽亜里さんは今度こそ壬生臣さんを倒せる?
負けるための勝負とは言え、芽亜里さんが負けたら三春滝さんを解放はできなそう?
三春滝さんを救うのはもうちょっと後になりそうですね?

壬生臣さんは自分の野望のためなら何でもしそうな勢い・・・
綺羅莉さんを会長の座から降ろしていったいどうしたいのです?
ただの権力欲ってわけじゃないですよね?
何かしたいことがあるのでしょうか・・・

壬生臣さんの考えによると、さすがの会長も五千億円は払えないだろうとのことですが、本当にそうかな?
会長ならポンと払いそうな気も・・・
そしたら壬生臣さんの目論見も外れそうですね?
とは言え、五千億円の資金を手に入れるわけですから、仮に失敗したとしても次の行動に出そう・・・

ふーむ、代打ちですか・・・
とは言え、会長はさすがですね!
こうも簡単にあの下月売さんを倒すとは・・・
聚楽さんも会場に現れたってことは、久留米さんは倒されたってことですよね?
描写が何もありませんでしたが、後で何かあるのかな・・・?

そういえば、使う側の急所ってどういう意味でしょうか?
聚楽さんが言うからにはきっと何か理由があるはず・・・
久留米さんが原因で壬生臣さんが何か痛い目を見る?
ふむ・・・、気になりますね?

会長が転校生。そして、ギャンブルが強くて金がある。まるで夢子さん・・・?
夢子さんはもしや、そのまま会長と同じような道を歩んでいるということでしょうか?
家畜制度はともかく、夢子さんが会長になったら綺羅莉さんと同じように百花王学園でギャンブルをさらに発展させそうですね!

さすがの大舞台ですし、これで壬生臣さんを倒せたとして、残るは聚楽さんですか・・・
真のラスボスとして芽亜里さんの前に立ちはだかりそう・・・
本編の始まりで家畜になっていないってことは聚楽さんにも負けないってことなのかな?
でも、つづらさんと戸隠さんが一緒じゃないのが、気になりますね・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です