蜘蛛ですが、なにか?9 著:馬場翁 イラスト:輝竜司 感想

蜘蛛ですが、なにか?9
著:馬場翁
イラスト:輝竜司

9巻もよかったです!
Dの正体もわかりましたし、物語もだいぶ進んだのかな?
10巻が待ち遠しい…

以下、ネタバレを含みます!

今回は主に魔族領に着いてからのお話でした!
魔族領に入ってアーグナーやらバルトやらが出てきましたが、正直どなただか思い出せずに4巻の幕間を読み返しました!
アーグナーの軍はエルフと結託していたということで、アリエルにクイーンタラテクトを呼ばれ壊滅…
バルトは魔王の側近を務めておりましたが、弟のブロウは勇者に敗れ死亡…
サーナトリアはコゴウ、ヒュウイ9巻に出てきませんでしたが、これ以降に出てくるのかな?

表紙にはソフィアが写っているのですが、最初どなただかわかりませんでした…
だいぶ大人びているような気がするのですが、気のせいでしょうか…?
年齢で言うと5歳くらいらしいのですが、とてもそうは見えない…
5歳児って幼稚園生くらいですよね…?
他にも見知らぬ男性が右端の方に2人ほど写っておりました!
この方たちもどなただかわかりませんでしたが、途中の挿絵で魔王軍のバルトとブロウだということが分かりました! にしてもこの兄弟はあんまり似ていないような…
表紙中央には手のひらに乗った蜘蛛の白ちゃんがおりますが、これはDの手かな…?
それとも単純に白ちゃんの手…?
カラーの1ページ目はなんだか幻想的な雰囲気でした!結構好きです!
2ページ目はお色気枠かな…?
今までそういうのはなかったような気がしますが、ちょっとした方向転換?
このカラーページで見るとソフィアは年相応に見えなくもないような…

そいえば、笹島くんを倒すために策を練っていたソフィアは「妬心」と「嫉妬」に進化させてしましました…
そのせいで白ちゃんに怒られる羽目に…
そして「嫉妬」のせいで余計こじらせ女子として成長してしまったようです…
メラゾフィスくんも大変そう…

あとは白ちゃんのスキルが一部戻りました!
あまり使っていなかった魔法などはまだ使用できないようですが、空間魔法は以前より使えいこなせるようになったようです!
そのおかげで笹島くんを戦闘不能にできました!
それとDともついに会えて、まさかDが本物の「若葉姫色」だったとは!
白ちゃんは実は教室で飼われていた蜘蛛で、Dの穴埋めとして若葉姫色の記憶を植え付けられ転生させられたようです! びっくり!
だから蜘蛛に転生したのですね! 白ちゃんは最初から蜘蛛だった!
序盤で白ちゃんが自分を鑑定した際に名前なしとなっていたのも伏線となっていたようです! すっかり騙されました!

■帯の紹介
——————————–
蜘蛛子、ついに「D」とご対面!?
アニメ化企画進行中!!

カドカワBOOKS 7月の新刊
ストーリーキーワード
人外転生 女子主人公
——————————–
アニメ化企画が進んでいるのですね! 楽しみです!
新刊っていい響きですよね…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です