蜘蛛ですが、なにか?6(漫画版) 漫画:かかし朝浩 原作:馬場翁 キャラクター原案:輝竜司 感想

蜘蛛ですが、なにか?6(漫画版)
漫画:かかし朝浩
原作:馬場翁
キャラクター原案:輝竜司

人間世界の話もちょっとずつ進んでいるようですね!
キャラクターデザインにちょっとびっくりしたキャラクターもいました!

以下、ネタバレを含みます!

なんか原作と漫画でキャラクターデザインは一緒なはずなのですが、描く人が変わるとだいぶ印象も変わりますね!
漫画版の魔王の衣装はだいぶセクシーな感じ?
でも、原作とデザイン一緒ですよね・・・?
サーナトリアもかなりセクシーな衣装でしたね!
魔族の中では普通の衣装なのかな?
ヒュウイはあんまり容姿に関する表現が原作ではなかったような?
ラースやギュリギュリはだいぶ違う気がする・・・
ラースは完全に魔物ですね・・・
ギュリギュリは当初仮面を被っていたんでしたっけ・・?
どうだったかな・・・
コゴウとダラドはあんまり記憶にないですね・・・

蜘蛛子の方はエデ・サイネに進化しましたね!
アラクネになるのもあと少し?
あと空間魔法強い! 便利!
あの魔法があるのとないのだとすごい効率が変わりそう!
レベル上げもそうですし、戦闘面でも役立ちますよね!
私も空間魔法を覚えたいな・・・

漫画の最後には描き下ろし小説が収録されておりました!
この世界にいる人間は地球から見たら宇宙人じゃない? ってお話でした!
毎回この描き下ろし小説を楽しみにしております!
ちょっとしたSSみたいな感じですかね!
次回も楽しみです!

そういえば、ずっと表紙に写っている女性ってDなのかな?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です